Home > Google | Google analytics | その他 > SWCとGoogleアナリティクスのキーワード流入数の差を調べてみました

SWCとGoogleアナリティクスのキーワード流入数の差を調べてみました


この記事の所要時間: 334

SWCとGoogleアナリティクスのキーワード流入数の差を調べてみました
googlelogo



SWCとは、アクセス解析ツールの1つになり
キーワードごとの流入数を計測することが可能です。
検索順位チェックツールのGRCを使用することで
使用可能なツールになります。

設定方法は、過去の記事をご参照ください。
SWCの設定方法




また、過去の記事でも触れておりますが
Googleウェブマスター向けのガイドラインに違反しておりますので
ご自身の責任とリスク負担のもとでご利用ください。

こちらのツールの最大のメリットは
GRCにて検索順位を確認すると同時に
キーワードごとの流入数を確認できることです。

ですので、例えば検索順位が5上がることによって
サイトへの流入数がどのくらい増えているのかを
確認することができます。

キーワードごとの流入数は
Googleアナリティクスでも取得可能なデータですので
SWCとGoogleアナリティクスの流入数の差を調べてみました。


まず、Googleアナリティクスでの検索エンジンごとの
流入数のダウンロードの仕方はこちらになります。


Googleアナリティクスで検索エンジン別のキーワード流入数のダウンロードの方法


いろいろな方法があるかと思われますが
単純にアドバンスセグメントにて検索エンジン別に取得します。

検索エンジン別のアドバンスセグメントの設定方法は
過去の記事をご参照ください。
GoogleアナリティクスでYahooとGoogleのユーザーをわけるアドバンスセグメント設定方法


・旧GA

アドバンスセグメントにてYahoo!とGoogleにわけた後
トラフィックのキーワードを選択いたします

選択するとキーワード一覧が表示されますので
流入数を取得したいキーワードをテーブルの表より選択いたします。





選択したキーワードのみの画面になりますので
エクスポートよりCSV形式(Excel)を選択しダウンロードします。





こちらは選択した期間、キーワードでの検索エンジン別のデータが
日別にダウンロードできます。

・新GA(Ver5)

アドバンスセグメントにてYahoo!とGoogleにわけた後
トラフィック>参照元>検索>オーガニック検索を選択いたします。





旧GAと同じように
選択するとキーワード一覧が表示されますので
流入数を取得したいキーワードをテーブルの表より選択いたします。


選択したキーワードのみの画面になりますので
エクスポートよりCSV形式(Excel)を選択しダウンロードします。





こちらは選択した期間、キーワードでの検索エンジン別のデータが
期間ないの日数の総合計としてダウンロードできます。

ですので、日別のデータを取得することは
現時点では不可能なようです。

よって、今回は旧GAのデータを使用いたしました。


SWCとGoogleアナリティクスのキーワード流入数の差をグラフにしてみた



旧GAから取得したデータのセッションを抽出いたしました。
あわせて、SWCからもデータを抽出し
GoogleアナリティクスとSWCの
Yahoo、Google別のグラフを作成いたしました。





流入数の差はあります。
これは、ツールによって定義も違いますので
ここを深く追求してもしょうがありません。

増減傾向としては、近似していることがわかりました。

よって、Googleアナリティクスのデータ加工や
検索エンジンでの手打ちによる検索順位の確認などに
時間がとれない、費用対効果があわないなどの方は
GRC+SWCでも増減の傾向を把握する上ではよいかもしれません。

ただし、先ほどでも述べたようにGRC、SWCは
Googleウェブマスター向けのガイドラインに違反しておりますので
ご自身の責任とリスク負担のもとでご利用をお願いいたします。







Home > Google | Google analytics | その他 > SWCとGoogleアナリティクスのキーワード流入数の差を調べてみました

ad
ad
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes

Return to page top