Home > Google analytics > Google analyticsでインスタントプレビューを除外してみました

Google analyticsでインスタントプレビューを除外してみました


この記事の所要時間: 152

Google analyticsでインスタントプレビューを除外してみました

googlelogo



2010年11月10日にGoogleよりリリースされた『インスタント プレビュー』機能。





サイトに訪問する前に、そのサイトのスクリーンショットが表示される
検索ユーザにとっては便利な機能です。



ですが、
検索スニペット(検索結果画面の説明文章部分)をクリックし
訪問されるであろうページのスクリーンショットが表示されてしまうことにより
Google analyticsはじめ各種解析ツールではカウントが増大されてしまうという
サイト運営側にとっては、ある種悩ましい機能ということが判明しました。



最近になって
チラホラとGoogle analyticsでインスタントプレビューのカウントを除外する
アドバンスセグメントを目にするようになりましたので
EC、メディアサイトではどのような数値になるかためしに設定をしてみました。


(参照させていただきました!)
Googleインスタントプレビューの除外(カグア!さん)



設定方法は以下となります。




インスタントプレビュー_除外セグメント
(クリックすることにより若干拡大します)



設定したインスタントプレビュー除外セグメントと
検索エンジンをGoogle使用したセグメントにて
現状の運営しているサイトを解析してみたところ
全Google流入の中の0.18%・・・。

2010年11月1日~2010年11月20日の期間にて調べたところ
全Googleセッション7399中のGoogleインスタントプレビューのセッションは14でした・・・。

そして、なぜかブラウザはSafariのみ・・・。

このセッション数を多いか少ないか感じるのは
人それぞれかもしれませんが
いまのところ解析ツールに与えている影響は
あまり気にしなくてもよいかもしれません。

今後、このインスタントプレビュー除外セグメントが
どのように変化していくのか見守りたいと思います。

気になる方は、設定されてみてはいかがでしょうか?

Home > Google analytics > Google analyticsでインスタントプレビューを除外してみました

ad
ad
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes

Return to page top