Home > Adwords | Google | Google analytics > 代理店に依頼しているAdwordsと自社管理のGoogle Analyticsをリンクする方法とそのリスク

代理店に依頼しているAdwordsと自社管理のGoogle Analyticsをリンクする方法とそのリスク


この記事の所要時間: 323

代理店に依頼しているAdwordsと自社管理のGoogle Analyticsをリンクする方法とそのリスク

googlelogo

AdwordsにてPPC広告を配信されている方の中で
自社で広告配信をしておらず、代理店などの他社に委託して
PPC広告を配信されている方も多いかと思います。



代理店によっては、Adwordsの閲覧権限用IDを作成していただき
依頼主である方が、閲覧権限用のIDによってAdwordsにログインし
Adwordsの配信状況などを確認されているかと思います。

今回は、自社で管理されていないAdwordsと
自社にて管理しているGoogle Analyticsのリンク方法をまとめてみました。

Adwords委託先にも協力して設定していただかないといけない部分もありますので
事前にAdwordsとGoogle Analyticsをリンクすることは可能か
確認をとるとスムーズにすすむかと思います。

リンク設定方法

①はじめに、現在使用中のAdwordsのIDを委託先よりいただきます。
閲覧権限用のIDでは不可です。

②委託先よりいただいたAdwordsのIDをGoogle Analyticsの
Adwordsを配信しているサイトのプロファイルへ管理者権限として登録いたします。
こちらも閲覧権限では不可です。



編集から入ります。



ユーザーを追加にて、委託先よりいただいたAdwordsのIDを追加します。



アカウント管理者で登録いたします。

以上で、GoogleAnalytics側での設定は完了です。
設定が完了した旨を委託先にお伝えしましょう。

③Adwords管理画面にて、「レポートとツール」タブよりGoogleAnalyticsを選択いたします。




④スタートガイド画面にて、下記を選択いたします。
「Google Analyticsアカウントを持っています。このAdwordsアカウントにリンクしてください。」




⑤既存のGoogle Analyticsアカウントに、サイトURLが表示されますので選択し
アカウントをリンクを実行にてAdwords側での設定も完了です。




以上で、AdwordsとGoogle Analyticsのリンクは完了です。
委託先に設定していただくのはAdwords管理画面での③~⑤となります。

Google Analyticsにて、トラフィック>Adwordsより連携データを確認することができます。

Adwords>キャンペーンでは、キャンペーンから広告グループ、キーワードと
掘り下げて確認することができます。




合計目標完了数にて成果を確認可能なことはもちろんのこと
セッションあたりの閲覧ページ数や平均サイト滞在時間、新規セッションの割合、直帰率にてサイト流入後の経過や
アドバンスセグメントにて、ユーザの属性も絞って解析することもできます。

多少ではありますが、デメリットもあります。

AdwordsのIDをGoogle Analyticsに管理者権限として登録するので
委託先にGoogle Analyticsが丸裸状態になります。
閲覧はもちろんのことプロファイルを削除することも可能です。
AdwordsとGoogle Analyticsリンクする前に詰めておいた方がよいです。
また、Adwordsとリンクするサイト以外で
同じプロファイルの中に存在するサイトも同様になりますので最小限にとどめた方がよいかと思われます。

とはいえ、Adwordsを最適化する上で必須な設定ですので
代理店さんからの月々のレポートでは意味がない!足りない!と感じられている方や
費用対効果が適切なのかを一歩踏み行って確認されたい!という方は
設定してみるとよいかと思います。

Home > Adwords | Google | Google analytics > 代理店に依頼しているAdwordsと自社管理のGoogle Analyticsをリンクする方法とそのリスク

ad
ad
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes

Return to page top