Home > 思考法 > ヒアリングすることの大切さ

ヒアリングすることの大切さ


この記事の所要時間: 517




以前、LICのメルマガにて「キャバクラのようなカレー屋さん」というタイトルのメルマガが配信されました。

【メルマガコラム】キャバクラみたいなカレー屋さん | リスティング情報コミュニティー – LIC http://www.listing-community.jp/news/news-4/3605



「そんなカレー屋さんなんてあるわけない!…でも、行ってみないとわからない…」と思い、不純な動機もわずかに含まれつつ、@specrootsさんと検証のために足を運びました。

カレー屋さんでの驚きの検証結果


中野坂上という、普段あまり行かない地に降り立ち、いざカレー屋さんに向かってみると、駅から徒歩3分くらいで、すぐに見つけることができました。



確かに、よく見かけるチェーン店のカレー屋さんとは異なる、まるでレストランのような店構え。しかし、やはり女性押しなのかと思ってしまう広告がメニューの下に…。



少しの不安と大きな期待を胸に、いざ、カレー屋さんに入ってみると、とてもキレイな内装、照明を落とし、静かめな音楽が流れるムーディーなお店。キャバクラをイメージするような騒がしさはなく、とても落ち着きのある雰囲気なお店がそこに待っていました。

メニューも、お酒を飲みながら軽くつまめる1品料理から本格的な洋風カレーがあり、お酒もビールからカクテル、ワインに関しては1本数万円のボトルまで用意され、明らかに普通のカレー屋さんのそれとは違うものばかりでした。

カレーは数種類あり、ドリア意外はすべてのルーを変えているというこだわりで、フォンドボーにいたっては、50時間も煮込んでいるそう。鶏肉のコンフィのカレー、アサリのワイン蒸し、バケット、キャラメルクリームのアイスをいただいたのですが、どれもとても美味しかったです。ハウスワインを二杯頂いても、約2500円という金額に驚きを隠せませんでした。ワイングラスも大きくて立派なものでした…。

カレー屋さんでのヒアリング(雑談)


なぜカレーについてこんなにも詳しくなったかというと、メルマガ内にも書かれているように、とてもキレイな女性ウェイターさんがやたらと話をしてくれます。


(写真撮らせてくださいとお願いしたら、快く笑顔で応じていただけました)

そして、店が空いていたこともあってか、長時間の間、雑談に付き合ってくれます。そのおかげもあって、たくさんの謎多きカレー屋さん情報をヒアリングすることに成功しました。

・5月にオープンし、開店して1ヶ月くらい経過した
・ビジネス街ということもあり、昼と夜では店の雰囲気を変えている
・昼はクラッシュした氷、夜は球体の氷を使用している
・20時、22時に照明を弱くしている
・内装はすべてオーナーが決めた
・トイレにこだわっており、使用した人が驚く
・同ビル内に芸能事務所がある
・実はオーナーは芸能事務所代表
・ほとんどの店員は事務所所属
・ウェイターさんは、現在も女優さん
・脚本家見習いの方も働いている
・etc…

とてもキレイなウェイターである女優さんは、カレー屋さんの夜での営業を「落ち着いた居心地でカレーを食べて、お酒も飲めるカレーバー」をイメージしているとお話されてましたが、そのイメージ通りのお店ではないかと思います。
実際、カレー屋さんには19時に入ったのに23時の閉店時間まで、飲み、食べ、おしゃべりをしてしまうという、普通のカレー屋さんでは考えられないくらいの滞在時間を記録しました。

改めて思い知ったヒアリングすることの大切さ


広告主であるサイトオーナー様の意向を汲み取り要件を定義することは、実際に広告をはじめる際や、サイトにて新しい施策をはじめる際に必須となります。

運用実務者がイメージするサイト像、ビジネス像だけで施策を開始し、来店してほしいお客様とはまったく別の客層が来てしまい、サービスの運用に負荷をかけてしまっては元も子もありません。

オーナーや経営層が、どのような思想、理念のもとにビジネスを開始して、今まで運用してきたのか。そして、どのような方向性をもって、どこを目指しているのか。運用実務者は、ヒアリングすることでビジネスやサービスの背景を理解し、施策に使える材料を洗い出していきます。また、ヒアリングすることで、運営者側が気づいていなかった強みを掘り起こし、材料として活用することができないか模索していくことも大事です。

今回のカレー屋さんでの検証では、オーナー様にはお会いすることはできませんでしたが、働いている方にお店のことをヒアリングすることで、色々な側面からの訴求ポイントが見つけることができました。
この中に、オーナー様の思想や理念があり、競合他社に打ち勝つポイントがあれば(たくさんありそうだけど)、その部分をお客様との接点にて訴求していくことで、大繁盛のお店を築くことができるはずです。

余談…


今回、あれこれと雑談し、お店のことをヒアリングしてしまった、とてもキレイなウェイターさんはこちらの方です。色々、問題があるかと思い、顔写真やお名前は伏せさせていただきました。

Google画像検索

リンク先の女優名は旧事務所での活動名で、現在は違う芸名にて活躍されているようです。画像検索中にもあるように「モスバーガー」のCMは、個人的に鮮明に記憶していたこともあり、少し感動したのも事実ではあります。とても気さくな方で、今まで出演された映画やドラマのこと、ご自身の趣味のことを中心に、楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。お仕事頑張って下さい、陰ながら応援させていただきます。

お店も提供される料理の味はもちろんのこと、カウンターもあるとても落ち着いた雰囲気のお店なので、女性一人の利用でもオススメです。もし、お近くを寄られた際は、ぜひご賞味くださいませ。
(こんな素敵なお店が事務所と同じビルにあるなんて羨ましい…)

極旨Curry 匠堂 ゴクウマカレー タクミドウ – 中野坂上/カレーライス [食べログ] http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131903/13156564/

Home > 思考法 > ヒアリングすることの大切さ

ad
ad
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes

Return to page top