Home > description要素 | 内部SEO > description要素とは

description要素とは


この記事の所要時間: 149

description要素とは

<meta name=”description” content=”◯◯◯◯◯(各ページごとの説明)”>

Webページのソースを表示していただhead内に上記のような形式で記述があるかと思います。
この部分をdescription要素といいます。



description要素はWebサイトや各ページの概要や説明を設定いたします。

description要素もSEO対策上では、重要な要素として考慮されていた時期もありましたが、
いまではあまり効果がなく重要性も低くなっています。

では、どのようなdescription要素を設定すればよいか。

description要素は上記のように各検索エンジンの検索結果で
サイトの概要として表示されるため(その時期の検索エンジンのアルゴリズムやサイトページの設定にもよりますが)
検索結果上でのクリック率に影響をあたえかねませんので、重要な要素ともとれます。

また、検索エンジンにて検索したキーワードにマッチすると
titleに加えdescription要素内のマッチしたキーワードも太字に表示されます。

検索結果に反映されますので、文字数を全角で100文字程度にすることを目安にします。
100文字というのが、検索結果でdescription要素を表示させる文字数の目安で、文字数が多いと「‥」と省略されてしまいます。

description要素もtitleやkeywords要素と同じように、同じ概要文を設定してしますと
他多数のページと重複description要素として判断されてしまうおそれがあります。

Webサイト、各ページごとのユニークな概要文を
検索結果のニーズにあったdescription要素とマッチすることで、ユーザーさんがサイトに訪問するきっかけにもなります。

自分自身で検索している時に
他のサイトさんで、思わず目にとまってしまう、クリックしてしまう
description要素を探してみるのもおもしろいかもしれません。

Home > description要素 | 内部SEO > description要素とは

ad
ad
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes

Return to page top