Home > アクセス解析イニシアチブ | セミナー > 「新任ウェブ担当者のためのスマートフォン」に行ってきました

「新任ウェブ担当者のためのスマートフォン」に行ってきました


この記事の所要時間: 818

「新任ウェブ担当者のためのスマートフォン」に行ってきました


アクセス解析イニシアチブのセミナー
「新任ウェブ担当者のためのスマートフォン」に行ってきました。
ウェブ担当者としては新任ではないですが、スマートフォンに関しては経験も浅く、
施策としての取り組みも少ないため参加させていただきました。
内容は、新任ウェブ担当者向けとは思えないくらい濃いもので、
多くの気づきや発見がありました。
特に強く感じたのは、スマートフォンからのユーザーだからといって、
PCやフィーチャーフォンからのユーザーと変わりはないということです。
スマートフォン独自の傾向や端末の機能を活用した特性こそあるものの、結局は同じ人。
その人に、どのように何を売るのか、どう届けるかを考えることには自体は変わりはないんですね。
そこの根本である部分を、スマートフォンという端末の特性にそった形で最適化をしていく。
そのためには、どのような思考をしたらよいか、どのような目的をもって何を見ていけばよいか、を改めて学ぶことができました。
ありがとうございました。

下記に、メモをした部分を共有させていただきます。



レバレッジメモ

第1部「スマートデバイスのユーザー像と最適化のヒント」
講師: 川畑 隆幸 氏(株式会社アイ・エム・ジェイ)


地域や年齢、性別による差が大きいがスマートフォンは間違いなく普及している。
トラフィック上でも、スマートフォンからのアクセスが増えているのはあきらか。
フィーチャーフォンからのシフトだけでなく、PCの時間を奪うという意味でのシフトもはじまっている。

単純な性年代別でユーザー像をとらえることは無意味。
消費活動の多様化により、ユーザー像は一律のものではなくなってきている。
消費価値感で区別されることが多くなってきている。

デフォルトの経験がPCからモバイルへと変化している。
フィーチャーフォンユーザーよりスマートフォンユーザーの方が、ソーシャルメディアの利用率が高い。
スマートフォンユーザーは、1日あたりの閲覧時間が長く、ソーシャルメディアへの接触時間が長い。

スタートしたばかりだが、2014年にフィーチャーフォンと加入者が逆転するとみられる。
今から事例を積み上げていくことがポイント。

データの先にはユーザーがいる。
そのユーザーが、どういう状況、どういう心理でサイト内のボタンを押すことができるかがポイント。

第2部「マイナビのスマートフォン最適化への取り組み」
講師:三森 一将 氏(株式会社マイナビ)

・仮説
ジャンルが多すぎて、ボタンの数が多くなり
ボタンの面積が小さくなり、記事のジャンルを分割した。
アクセスランキング上位を最上段に。中層は、記事を新着順位に掲載。
電車等の移動中に閲覧するユーザーが多いと思われるため、画像数、画像の容量数を押さえた。

・結果
よく見られていると思われるデジタル関連は、スマートフォンではあまり閲覧されていなかった。
写真が多い記事の方が好まれていた。

・改善
写真が多い記事をプッシュする
アクセス数の多い写真を、写真で見るニュースとしてカテゴライズした

・結果
拡大写真の離脱率が下がった。
しかし、写真以外の回遊率が、まだ低い。

・改善
少し前の記事でも価値の褪せない記事の閲覧を促す
レコメンド機能を実装。
コンテンツマッチ
内容が関連している記事を推奨。
協調フィルタリング
関連は無視し、あわせてよく読まれる記事を推奨

・まとめ
サイト構築や機能の改修の前に、仮説とは呼べない推測レベルでもよいので何かしらの予想を立てる。
リリース後は、その予想を元にアクセス解析を見る。
何かしら予想と外れているので、データを元に改善を行う。
小規模な改善が成功し、勝ちパターンが見えてきたら大規模な改善(リニューアル)を行う。

付録「Googleアナリティクスでのスマートフォン解析の基礎」
講師:大内 範行 氏(グーグル株式会社)


・各デバイス別のGoogleアナリティクス
フィーチャーフォンは、Googleアナリティクスモバイル版で解析可能
アプリは、SDKをアプリ内に導入することで解析可能
PCとスマホは、スタンダード版で解析可能

・Googleアナリティクスによるスマートフォンのページ速度計測
スマートフォンのページ速度は
スマートフォンでのブラウザしだい。
HTML5でのページ速度を読み込む機能が実装されれば
スマートフォンでも少しずつ取得できるようになる

・モバイルレポート=スマートフォン
Googleアナリティクスのモバイルレポートは、ほぼスマートフォンと考えてよい。
モバイルレポート内で、セグメントを切り替えることにより携帯端末ブランド、サービスプロバイダ、OS、解像度などを切り替えて閲覧することができる。
カスタムフィルタでモバイルユーザーを選択し、モバイルプロファイルを作成する事もできる。

・よくある質問
解析からみてドメインは別の方がよいか、一緒の方がよいか?
同一ドメインにて、レスポンシブウェブデザインのサイトの方が解析しやすいのではないか。Googleアナリティクスでは、ドメインをまたいだ解析に弱い。将来的に、デバイスを超えた解析ができるようになったとしても、ドメインが別れていると解析は難しくなる。
タブレットのセグメントは分けられるのか?
アプリのSDKやGoogleアナリティクスのアドワーズ項目では分けることができている。技術的には可能なので、いつ組み込みかになると思う。
イベントのオンクリックはSafari やchrome で取得できるのか?
イベントは、ほとんどとれるはず、
仮想ページビューは、取りこぼしがあるかもしれないので、可能であればイベントでの取得を。
デバイスの(not set)は?
新しい端末やブラウザなどの登録が追いつかない。

・スマートフォン最適化のポイント
最適化の仮説に取り組んで成果を見る
クリックエリアを明確にする
画像上のクリックポイント、選択肢を減らす
スマートフォンに最適化されたフォームの設置を
モバイルフィーチャーフォンのフォームインターフェースをスマートフォンフォームコンバーターで変換するとスマートフォンでは入力しづらいものになってしまう
ページのロードを速くする
ページ下部にリンクを置く

第3部「スマートフォンでのリスティング広告プロモーション戦略」
講師:阿部 圭司 氏(アナグラム株式会社)


・スマートフォンと従来型携帯との違い
従来の携帯電話と比較すると、
より多く、より便利に、よりスピーディーにできるようになった。
生活を豊かにした。ただし、携帯電話ということを忘れてはいけない。
PC並みの利便性を持ったモバイル端末

・市場解説
普及率も伸びている
毎日携帯し使用する
地域情報を検索する事が多い
スマホで買い物する事も増えてきた
→とりあえずは伸びつづけることは確か。

・今、何が起きているのか?
市場やサービスによっては、PCよりスマホの方が激戦になっている。
スマホは地域情報を検索する事が多いので、地域を限定した訴求が必要になる。
サービスや商材によっては、時間帯が大事になる。
スマホ専用の広告文でメリットを訴求する。
→すでに競争は始まっている

・スマートフォン最適化への見極めステップ
サイトをスマホ化する、リスティング広告アカウントをスマホ化し運用するのには
手間とコストが掛かりすぎる。大規模サイトであれば尚更。
→大事なのはキレイごとではなく、ビジネスインパクト

・スマートフォンでの成果が悪ければサイトをスマホ化する
成果が良ければ、静観でいいが更なる成果や競合、イニシアチブを握る目的で予算が許すのであればスマホ最適化しても。あくまでも、お客様の売上ありき。
限られた予算を、どの箇所に投下すれば、効果を最大化できるのか?
→アカウント設計が重要

・スマートフォンでの検索連動型広告プロモーション戦略
PCとは異なる視点でのキーワード選びが重要になる
文字入力に様々なソフトがある
Click to callやサイトリンクなどの広告設定オプションを活用する
移動時間や待ち時間にスマートフォンを使用するため、時間帯配信が活用することができる
キーワード入力の補助機能が重要になる
スマホの検索結果に表示される広告枠はPCのそれと比べて少ないので、競争が激しくなる。ただし、様々なキーワードで上位表示をすると、予算を早く消化してしまうので注意が必要。
→ここでもアカウント設計が重要。
 限られた予算を、どこに投下すれば、効果を最大化する事ができるのか。

・スマートフォン特有の傾向
土日でもアクセス数が減少しないことが多い
テレビとの相関性が高い
相談系、女性系のビジネスとの相関性が高い
デジタルコンテンツ系の相関性が高い
ローカルビジネスとの相関性が高い
アプリ広告を配信できる
規定はあるがアダルトも配信することができる
地域ターゲティングの精度が低い
コンテンツターゲットの精度が低い
Safariには、ブラウザの仕様の影響で、リマーケティングやインタレストカテゴリーマーケティングが配信できない

スマートフォン特有の特長もあるが、
スマートフォンを持っている人は、フィーチャーフォンを持っている人と何も変わらない。
同じユーザーに変わりはない。誰に何を売っているかは変わらない。
スマートフォンを触るシチュエーションを考えること。
ユーザー思考をもつことが、より大事になる。

Home > アクセス解析イニシアチブ | セミナー > 「新任ウェブ担当者のためのスマートフォン」に行ってきました

ad
ad
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes

Return to page top