Home > アクセス解析イニシアチブ > 「データで取り組むSEO」に行ってきました

「データで取り組むSEO」に行ってきました


この記事の所要時間: 1041

「データで取り組むSEO」に行ってきました


アクセス解析イニシアチブによるウェブアナリスト養成講座「データで取り組むSEO」
行ってきました。

検索エンジンが評価する範囲は、
優れたアクセス解析のプレーヤーが行う改善に近いのではないか。
アクセス解析を取り組む方が、
SEO観点で一般的な解決を行える状態にすることを目的として
辻正浩氏の考えるSEOをわかりやすくご説明いただきました。



SEOのお話もテクニカルな部分ではなく、SEOを考えた施策を行う上で、
重要な視点や考え方をアクションを起こせる施策を前提にお話いただいたため
このセミナーが終わってから、すぐにでも施策が思い浮かんだ方は、
わたくも含め多かったのではないかと思います。

そもそもアクセス解析は、サイトに訪問されるお客様へのおもてなしを
よりいいものにするために利用します。
SEOでも同じことで、お客様によいものを提供することが大前提で
さらに検索エンジンにも優しくすることが求められるのが
SEOならではなのではないかと感じます。

そのあたりの認識を再確認することができ、さらに新たな発見もとても多く、
実りのある時間をいただくことができました。

後で見返す用に順序を入れ替えてしまった部分もありますが、
メモとして残したものを共有させていただきます。
正しいSEOのやり方として、少しでも参考になれば幸いです。

レバレッジメモ

SEOとは

SEOとは、人間に向けたWebサイトの魅力を
検索エンジンにもわかりやすくすること。

SEOでは、様々な種類の施策がある

・キーワードマーケティング
・検索数
・ビジネス適合
・実現可能性(競合、コスト)
・コンテンツ適合

内部施策

・検索結果表示の改善
・個別ページの改善
・ページ間リンクの構造
・検索から成果への誘導
・サイト構造、URL構造

外部施策

・ソーシャルメディア運用
・本サイト以外の運営サイトへのリンクの設置

SEOにはコンテンツが必要

SEOではコンテンツが必要と言われているが、
そもそもはWebサイトにはコンテンツが必要。
お客様に必要なコンテンツが、SEOとしても重要ということ。
ユーザーに適合していること。ユーザーのまわりにいるユーザーに適合していること。
ある程度のページの量も必要。

基礎知識は最低限必要

・キーワードを書いてリンクを集めること。
・ビジネス上、重要で上位表示することが可能なキーワード、
 掛け合わせられるキーワードを(意味上の)近くに書いているか。
 それらが、タイトルや見出し(hx)に含まれているのか。
・評価されやすいソースの上部にてユーザーの目のつきやすいところに、
 2~3回キーワードが文章の中で記載されているか。
・キーワードが記入されていても、使われているテキストのトピックが合わないと
 上がりづらいことがある。

関連キーワードには価値がある。

ページ構造をしっかり整理すること

ユーザー動線が発生する形でリンクされているか。
ソース上部に記載されているか。

特定キーワードの順位のためにできる事

ビッグワードを上げようと思ったら、キーワードと関連ワードを含むコンテンツを書いて
内部リンクを多く集める。
少しでも外部リンクが張られるコンテンツつくり、下層ページにリンクを集め気長に待つ。

ビジネスの状況によってはリンクを買うことで上位表示させることもできる。
けど、リスクが高いためおすすめはできない。おすすめしない。
Googleは、スパム対応方針を何度も変えてきた。
再審査リクエストフォームには、違反しない同意チェックがある。
違反したら修正し、また違反した場合、許されるかどうか。
将来に対するリスクを背負うのか。
数ヶ月後に効果がなくなる施策に費用をかけるのは得策なのか。
他に方法があるのを知っているのか。

特定キーワードに頼るべきではない

リスクをとった競合に、リスクを踏まずに勝つのは大変。
ビッグワードの順位は安定しない。

元々の、のびしろから流入が得られているのであれば、
特定ワードの上位表示は不要。

数百ページ以上のWebサイトで検索流入を伸ばすための施策

ある程度以上の規模のサイトになると内部施策が重要になる。

・テンプレート単位で内部要因の評価をあげていく
・テンプレートごとの違いを仮説を立てて検証していく
・ソースや内部リンクを見直していく

人がクリックしないようなリンクは検索エンジンも評価しない

・羅列されているリンク
・前後が共通化されている部分からのリンク
・大見出しより上に表示されているリンク

アクセス解析の動線の考え方に、SEOの目的を合わせることが近道。
内部リンクでページの評価をを組み立てていく。
場合によっては、ユーザーの邪魔にならないように配置する。

SEOで一番難しいのは何か

どこをどのような手段で施行するかの判断をすること。
データをしっかり見ることで成功に近づけることができる。

流入拡大のためのデータ分析

データを元にどこが一番のびしろになるのか把握。
特定のテンプレート、特定のキーワードを含む流入を時系列で把握する。
数十ページであれば流入キーワードは重要になる。
数千ページ以上になると流入キーワードでなく流入ページの分析が必要。
テンプレート別に整理、属性別(人気や作成時期、内部リンクの構成)別に
似たようなサイト、過去の自サイトと比べる。
検索流入から見てしっかりと分析をしていく。

検索エンジンの認識状況の把握

問題の発見のために、検索結果の順位を確認する。
Googleウェブマスターツールで確認することで、さらにデータを補足することができる。

※ウェブマスターツールの精度、量は微妙。
 パーソナライズもデータに影響している。
 Yahoo! JAPANのデータは、もちろんない。
 そういうデータとして考える、割り切る。
 また、3ヶ月までしか遡ることしかできない
 何かがあったときのために定期的にダウンロードすること。
 ダウンロードするくせをつけること。

あればないよりはいいものの多くの場合において戸惑う原因にもなる。
戸惑うのであれば、他の有用なデータの取得に工数をかけたほうがいい。

検索結果の演出には工数をかけるべき

検索結果の確認方法は、定期的な目視での確認や
ウェブマスターツールでの確認をする。
主要キーワードは定期的にキャプチャをとることも。
競合との比較して、優位性がでているか確認する。
サイトリンクの表示状態も確認する。

なぜここが重要かというと、PDCAを回せるから、アクションをとれるところだから。

具体的な演出方法

・一度決めたタイトルは変えない。
どのようなタイトルであれば、クリック率が高くなるのか最初にしっかりと決める。

・ディスクリプションを活用
他が打ち出していない魅力や、差別優位点を検索結果で伝える。

・デバイス別の検索結果にも注意する
PC、スマホで何文字のディスクリプションが表示されているか。
PC  :105~124文字
スマホ:50~60文字

PC、スマホの両端末を考えたディスクリプションをつくる。
PC、スマホの両デバイス用に55~60文字程度で、
検索したキーワードを含めるように文章をつくり、句読点で終わるようにする。
PCのみで表示する後半の部分は、検索キーワードを繰り返す必要はない。
貴重な文字数は、他の競合優位性のある表現を。

・サイトリンクの操作
表示したいサイトリンクは、検索結果から
誘導したいページ(サイトの目的)へ誘導するために操作するのが基本。
検索結果に表示したいページが、
サイトリンクに表示されるようにウェブマスタツールで操作する。
ただし、下げたいページの順位を下げることしかできない、
リンクが多く集まってしまっているページをサイトリンクに表示させないようにするのは
困難を要する場合がある。
また、Googleでの検索結果ではパーソナライズに注意する。
人によって、表示されるサイトリンクは異なる。
Yahoo!の検索結果に表示はされているサイトリンクを基準とする。

検索結果の演出におけるPDCA

順位が安定しているのであれば、検索結果の演出は改善をし続ける。
順位が高いのにクリック率が悪いものは検索結果を改善していく。
順位が低いのにクリック率が高いものは検索結果で上げれるように改善していく。


インデックス状況の把握

複雑なWebサイトでは、インデックス状況を確認することは必須。
ただし、全体の数だけを見ても無益。
施策に対する成果を確認するためにインデックス状況確認調査を行う。

『site:ドメイン + inurl:ページURL』
ページ送りで、どこまでインデックスされているか確認したりする。






『site:ドメイン + 検索キーワード』
対象のページが一番上に表示されているか。
表示されていなければ問題がある。



『info:ページURL』
特定のページがしっかりとインデックスされているか確認することができる。



外部リンクの把握

外部リンクの数値分析は不要

価値あるページからのリンクは重要だが、
アクションを取れない以上、不要。

外部からのリンク状況を把握することは重要

どのページがリンクされているか
どのような意図でリンクされているか
この意図を再び発生させるためには、どのように運用すればよいのか

リンクの状態をお客様、担当者に共有

「今月の新しいリンク」のようにレポートでお客様、担当者と
リンクの状態を共有してみる。すると、お客様や担当者から
リンクを集められそうなコンテンツ案などが出てくる。
お客様の意図をどこに向けるのか、そのための共有レポート。

リンクを買わない限り長期戦しかない

爆発的なリンクの増加ではなくトラフィックを誘引できるリンクを着実に増加させる。
トラフィック増を目的としているリンクであれば、ほとんどの場合SEOの効果はある。

流入減少等トラブル解決のために

大きなトラブルが発生した場合は、信頼できるプロに頼るべき。
が、コストがかかる上、急なトラブル対応が可能なプロでないと対応してくれない。
そこで、トライ&エラーを繰り返していく。
自サイトだけの動きか、他サイトも動いたのか。

流入減少した内容と、主な対処法

・特定のキーワード、掛け合わせキーワードで
 特定のテンプレートページでの流入が減少したケース
ALT属性、TITLE属性、見出し(hx)、発リンクなどでのキーワード詰め込み、
被リンクのアンカーテキストに偏り。

・特定のコーナーでの流入が減少したケース
どこが落ちたのか正確に把握する、
落ちた部分と落ちていない部分の違いを徹底的に分析していく。
テンプレートページだけが落ちた場合は内部リンクの原因が大きい。
被リンク、テンプレート、ペナルティなども探る、極まれに特殊な事例もある。

・サイト全体の流入が減少したケース
外部リンクの変更、外部リンクの評価の変更、ペナルティ、極まれに特殊な事例もある。

他のサイト含め全体のサイトが落ちた、上がったケース

アルゴリズム変更に関わるため、専門家以外が対処するのは非常に困難。
大きな落ちではなければ落ちたのを気にせず、通常の改善を行うのが近道。
大きな落ちならトライ&エラーを。

Web制作会社の選定について

SEOの基本を知らないWeb制作会社に制作を依頼すべきか。
SEOの基本を知らないWeb制作会社に制作の依頼をすることは、
自然検索流入増加のためのアクションを考えられないウェブアナリストに仕事を依頼するのと同じこと。

Web解析にSEOの視点を


基礎知識の習得
のびしろの把握
認識状況の把握
外部リンクの把握

SEO外のサイト要件の把握

効果的、現実的、効率的な施策

変更が与える影響を注意し続けること。改善をし続けること。
それは通常のWebサイトを改善していく業務と同じこと。
Web解析の実務にSEOの視点を加えれば、
さらに価値のあるWebアナリストになるのではないか。

Home > アクセス解析イニシアチブ > 「データで取り組むSEO」に行ってきました

ad
ad
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes

Return to page top