Home > その他 > SWCの設定方法

SWCの設定方法


この記事の所要時間: 31

SWCの設定方法




SWCとは、アクセス解析ツールの1つになります

検索順位チェックツールのGRCを使用していると
SWCとの連携が可能になります



GRCにて検索順位を確認し
SWCにて、キーワードごとの流入数を計測することが可能です

SEOを施策していると検索クエリごとの
順位の変化による流入数変化が気になりますが
SWCを設定することにより
掲載順位とその順位での流入数を把握することができます


ただし、品質に関するガイドラインに違反しております



Googleには、ウェブマスター向けのガイドラインがあるのですが
上記のような検索順位の自動取得ツールは
ウェブマスター向けガイドラインの中の
品質に関するガイドラインに違反しております。

以下、引用

品質に関するガイドライン – 基本方針

検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。ユーザーを騙すようなコンテンツや、「クローキング」を行って検索エンジン用とは異なるコンテンツを表示しないでください。

検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトに対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。

サイトの順位や PageRank を上げることを目的としたリンク プログラムに参加しない。特にウェブ スパマーや不正なウェブサイトへのリンクは行わないでください。これらのリンクにより、サイトのランクが下がることがあります。

ページの送信や掲載順位の確認に不正なコンピュータ プログラムを使用しない。このようなプログラムはリソースを消費し、Google の利用規約に違反しています。Google は、自動化またはプログラム化されたクエリを Google に送信する WebPosition Gold™ のような製品の使用は推奨していません。



もし、ツールをご使用される際は
ご自身の責任とリスク負担のもとでご利用ください。



SWCの設定方法




以下、GRCを設置している上といたします。

http://seopro.jp/swc/login/

上記、SEOツールラボのログインページにて
GRCのユーザIDを入力していただきログインをいたします。





アクセス解析ツールSWCのユーザーページにて
解析対象サイトの追加を選択いたします。




解析対象サイトの追加の画面にて
解析したいサイトのURLとサイト名を登録いたします。





解析対象サイトの追加が完了すると
上記の画面に遷移いたします。
アクセス解析タグが発行されますので
解析対象サイトのHTML内に設置いたします。



全ページでなくてもよい、どこでもよいか記載されていますが
解析ツールの設置場所はできるだけまとめておいたほうが
保守がしやすいので可能であれば
他の解析ツールのタグ設置場所の近くにあわせて設置いたします。

1アカウントにて複数の管理サイトを設定可能のようです。





タグを設置することで、GRCの解析画面にて
SWCによる流入計測が可能となります。





Home > その他 > SWCの設定方法

ad
ad
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes

Return to page top